結婚指輪「5mm」のリング幅 | 手作り指輪で迎えるウェディング in名古屋

HOME » ウエディングリング » 結婚指輪「5mm」のリング幅

結婚指輪「5mm」のリング幅

結婚指輪はリング幅で印象が変わる

結婚指輪のデザインは、リング幅によって身に着けた時の印象が変わってきます。
女性なら指輪を細く長くみせたいもので、そう見えるようなリング幅の指輪を身に着けることになります。
男性の場合は、そこまでこだわらないかもしれませんが、高価な指輪の存在感を全面に出したい人がいます。
リングの幅は、結婚指輪選びにおいて、とても大切なポイントのひとつなのです。

リング幅2mmの印象

2mmのリング幅は、ピンキーリングのような小指の指輪に使うリング幅だと相応しいですが、薬指に着けるのには少し細めだと思います。
これ以下の幅になると耐久性が心配になってきます。
ちょっとした衝撃で曲がったり折れたりするので、できれば2.5mm以上のものを選んだ方が安心です。
2.5mm以上幅があれば、ある程度素材の強度が高くなりますので、その辺りを基準に指輪を選ぶといいでしょう。

リング幅3mmの印象

この辺りのリング幅が、一番オーソドックスなサイズだと思います。
程よく指をスラっと長くみせて、リングの存在感も感じられる幅です。
これが3.5mmになると、少し幅が太い印象を受けます。
ただ、まだこの辺りのリング幅だと、男女共に身に着けても違和感のない指輪のサイズだと思います。

リング幅4mmの印象

幅が太いリングほど、表面にデザインとしての刻印を彫りやすくなります。
結婚指輪というより、カジュアルリングに近い感じになるかもしれません。
また、リングが太い分、金属がたくさん必要になるので、リング素材の純度によっては価格が上がります。

リング幅5mmだとどんな感じ?

5mmだと、シンプルなデザインだと太過ぎる印象を受けます。
どちらかというと、ダイヤモンドを敷き詰めたエタニティリング系のデザインならアリのリング幅でしょう。
あまりリングの幅が広いと、装着感が悪くなり家事をする時にも邪魔になる恐れがあります。
好みはあると思いますが、身に着けていて違和感のないリング幅の結婚指輪を選ぶことが肝心です。