婚約指輪と結婚指輪の比較 | 手作り指輪で迎えるウェディング in名古屋

HOME » ウエディングリング » 婚約指輪と結婚指輪の比較

婚約指輪と結婚指輪の比較

結婚に関する話題になると必ず出てくるのがブライダルリングについてですが、ブライダルリングには婚約指輪と結婚指輪の2種類があります。
これを読んでいる人の中には婚約指輪と結婚指輪の違いがいまいち分からないという人もいると思いますので、ここではそのふたつを比較していきたいと思いますのでチェックしてみてください。

はじめに婚約指輪について説明していきますが、これは結婚することを約束するために男性から女性へプレゼントされる指輪で、ダイヤモンドリングをプレゼントするのが一般的です。
婚約指輪は近年省くカップルもけっこう多いのですが、実際に女性へアンケートを取ってみたところ、全体の70パーセントが婚約指輪に憧れを持っており、多くの女性がパートナーからプレゼントされたいと思っているのが分かります。

婚約指輪の相場はダイヤモンドリングが一般的ということもあって、だいたい20万円〜30万円程度になっていますから、決して安い金額ではありません。
ただ最近ではブライダルリングを専門にしているアトリエを利用して手作りすることもできますし、オーダーメイドやセミオーダーができるショップを利用することもできるので、ブランドにこだわらなければ相場の半分程度のコストに抑えることも可能です。

次に結婚指輪ですが、こちらは婚約指輪と比較すると異なる点がけっこう多いです。
まず結婚指輪は婚約指輪のように男性から女性へプレゼントされるものではなく、お互いに交換するのが一般的です。
これはお互いが結婚したことを証明する指輪だからで、結婚式の指輪交換に使われることも多いです。
また、素材はプラチナや金を使ったシンプルなものが多く、相場はひとりあたりだいたいひとりあたり10万円〜15万円程度になると言われています。
こちらも手作りすることができますので、コストを抑えたいというカップルはアトリエやショップなどの情報収集をして比較してみるといいでしょう。